福岡県太宰府市の丸山医院(内科・消化器科・循環器科・リハビリテーション科)

2021-03-05

不整脈:心臓での正常な電気信号の伝わり方

心臓は、全身に血液を送り出すポンプとして働いていますが、効率よく血液を送り出すためには、心房と心室が連動して規則正しく収縮を繰り返す必要があります。不整脈(リズムの異常)を理解するためには、まず正常の電気信号の伝わり方について理解することが手助けになると思います。

心臓の電気信号は、右心房にある「洞結節」から発生します。電気信号は心房内を伝わりながら心房を収縮させた後、「房室結節」を通って心室に伝わります。心房と心室は電気的に絶縁されており、心房と心室が電気的につながっているのは房室結節だけです。心室に伝わった電気信号は、左脚と右脚に分かれて左心室と右心室に広がりそれぞれを収縮させます。

自前のペースメーカーである洞結節には、外部からの命令がなくても自動的に一定の頻度で電気信号を発生させる機能が備わっています。しかし実際には、自律神経である交感神経と迷走神経(副交感神経)の影響を受けて脈拍の速さは変わります。運動したり緊張したりすると、交感神経の命令で脈は速くなります。食後などリラックスした状態では、迷走神経が優勢になるので脈はゆっくりと遅くなります。

 

心臓の中の電気信号が伝わる経路。房室刺激伝導系といいます。

 

正常洞調律の心電図を提示します。
心房で発生した電気信号(P波)は、房室結節を経て心室に伝わりQRS波を形成します。
P波とQRS波の間隔は一定です。QRS波同士も、規則正しく一定の間隔です。

  

このように、正常の心臓では、右心房にある洞結節で作り出された電気信号が、決まった経路を規則正しく伝わっていきます。
しかし、何らかの原因で電気信号の発生が狂ったり、洞結節以外の部位から電気信号が発生したり、電気信号が途中でブロック(遮断)されてそれより先に伝わらなくなったりして、心臓の拍動リズムが不規則になった状態が「不整脈」です。

不整脈には、頻脈性不整脈と徐脈性不整脈があります。さらに、不整脈に関連した心電図の異常として、「右脚ブロック」「左脚ブロック」というものもあります。

以下に、それぞれの不整脈について解説し、最後に、不整脈の特殊治療であるカテーテルアブレーションと人工ペースメーカーについて説明します。(3〜4週おきに、項目ごとに少しずつ公開していきます。)

ページ上部へ移動