福岡県太宰府市の丸山医院(内科・消化器科・循環器科・リハビリテーション科)

2020-11-12

生活習慣病(英語では “Lifestyle Disease”)

生活習慣病とは?

高血圧・脂質異常症(高コレステロール血症)・糖尿病・高尿酸血症など、病気の発生に生活習慣が深く関係していると考えられる疾患の総称です。かつては加齢がこれらの疾患の主な原因と考えられていたため、「成人病」と呼ばれていました。

その後、食生活の偏りや、運動不足、飲酒、喫煙、精神的なストレスなどの好ましくない生活習慣の積み重ねが、病気の発生や進行に深く関わっていることが分かってきて、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。「生活習慣病」という呼び名には、これらの疾患は予防できるという認識を広めたいという思いも込められています。

生活習慣病は、「脳卒中」や「心臓病」が発症するリスクを高めます!

生活習慣病は、我が国の3大死因である「がん」、脳梗塞などの「脳卒中」、心筋梗塞などの「心臓病」の発症リスクを高めます。生活習慣病の根源にあるのは肥満です。皮下脂肪ではなく、お腹の中に脂肪がたまる「内臓肥満」がよくありません。

生活習慣病が2つ3つと重なると、発症リスクがますます高まります。いくつかの生活習慣病と肥満を併せ持つ状態を「メタボリックシンドローム」と名付けて注意を喚起しているのはそのためです。生活習慣病の予防の第一歩は、太らないこと(できれば、やせること)です。

生活習慣病は、どうして危ないの?

生活習慣病は、サイレントキラー(静かな殺し屋、沈黙の殺し屋、忍び寄る殺し屋)と呼ばれています。高血圧症・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を治療せずにいると動脈硬化がどんどん進行します。

しかし、動脈硬化が進行しても、最終的に心筋梗塞や脳梗塞などを来さない限り最後の最後まで全く症状はありません(サイレントです)。病気に気づかないままでいたり、何らかの変調に気づいても「大丈夫だろう」と放ったらかしにしていると、ある日突然、「心筋梗塞が起きてしまった!」ということにもなりかねません。

定期的に健診を受けること、健診で異常を指摘されたら病院を受診して必要な検査や治療を受けることが大事です。

以下に、それぞれの生活習慣病について解説します。

ページ上部へ移動